HU|EN

志賀公斗税理士、8億円余の所得隠し・脱税で刑事告発|東京国税局

Uploaded videos: 149
0
44
Date: 2020. 05. 22.
Shares: 0 Forwards: 0 Embeds: 0
Category: news & politics
Share

Send
Add video
To Quicklist To Favorites
Embed video

Create LOOP
Video LOOP GIF
99:99 sec

Custom 16:9 4:3 Original

2 10 20
OK
OK
Create snapshot
New snapshot Download
Report video
Reason for rejection:

REPORT
Date: 2020. 05. 22.
Shares: 0
Forwards: 0
Embeds: 0
Category: news & politics
2020/05/21 不動産投資の節税指南をしていた税理士の男が8億円あまりの所得を隠し、脱税したとして刑事告発されました。 法人税法違反などの疑いで東京国税局査察部から告発されたのは、東京・府中市の志賀公斗税理士(38)と、実質的に経営するコンサルティング会社2社です。 関係者によりますと、志賀税理士は不動産投資をする人に、「金地金」をつかった節税指南をするなどして、多額の報酬を得ていて、2017年までの3年間でおよそ8億2700万円の所得を隠し、所得税と法人税などあわせておよそ2億1200万円を脱税した疑いがもたれています。 取材に対し、志賀税理士は「修正申告と納税をほぼ済ませ、5月20日付けで税理士登録抹消の届け出をした」ということです。
Ad
Ad
Ad
Related videos
00:44:30
00:44:30
01:44:30
Show more......